rizin41ppv

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

研究者詳細情報 研究者要覧トップに戻る 基本情報 研究者基本情報 学位・資格 専門分野 所属学会 研究活動 研究テーマ 研究業績 研究者自己PR 梅原 拓也 ウメハラ タクヤ Takuya Umehara 学部・学科 総合リハビリテーション学部リハビリテーション学科 職階 特任助教 関連SDGs 外部リンク 学位・資格 博士(保健学)、理学療法士 専門分野 内部障害系理学療法、心臓リハビリテーション、運動器理学療法学、高齢者理学療法 所属学会 日本理学療法士協会、日本心臓リハビリテーション学会 研究テーマ 1)心疾患患者の運動機能回復に関する研究 2)骨粗鬆症患者の運動機能回復、骨量減少や転倒予防に関する研究 研究業績 研究実績をPDFで見る 研究者自己PR 私は、心不全患者の運動機能回復に関する研究と骨粗鬆症患者の運動機能回復と骨量減少予防などの研究をしています。具体的には、心不全患者の筋力制御不全の病態解明と心臓リハビリテーションの効果検証や大腿骨近位部骨折患者の骨密度低下予防に関する運動療法の効果検証を行っています。ただ、研究テーマはいつも自由に設定しています。これまでにも健常者を対象とした姿勢・動作分析に関するもの、健常高齢者のフレイル予防に関するもの、人工膝・股関節置換術後の運動機能回復や在院日数短縮に関するもの、脳卒中患者の日常生活動作向上のための介入量に関するものなど多種多様です。研究を通して理学療法学の発展や人々の健康に寄与することを目指しています。 研究者要覧トップに戻る Copyright © Hiroshima International University, 2021 All rights

ゴールドカップナショナルマッチ 2027ワールドカップ ゴールドカップナショナルマッチ ベガウォレット出金時間
Copyright ©rizin41ppv The Paper All rights reserved.